読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TRANSPARENT APARTMENT

自己の文章を展開し、索引するための場所です。これらの particle あるいは parcel の堆積は、一種の成長する稿本のようなもので、完成の概念はありません。ノンブルは参照の便宜のためで、前後の繋がりを意味しません。

Obscuritéについて

原義は「覆ハレタ」。

①闇。暗黒。c.f. camera obscura

②難解さ、晦渋さ。曖昧さ、不明瞭さ。謎。

③世に知られぬこと。無名。 

  ソクラテス以前の哲学者ヘラクレイトスは「暗い人」(ὁ σκοτεινός)と呼ばれたが、キケロラテン語でそのことを表現する際にobscurusの語を用いた。「『自然についてあまりにも晦渋に語ったがゆえに「暗い人」と称されている』ヘーラクレイトス…」(†1)、又「ヘラクレイトスはとても晦渋だ」(†2)。ルクレティウスも亦、彼が「難解な言語のために有名」(clarus ob obscuram linguam)であると述べている(†3)。なお、このclarusには「明るい、明瞭な」(c.f.clarté)という意味もあり、ヘラクレイトスの「クレイトス」の部分に対応するラテン語でもあって、ルクレティウスの言葉遊びなのだという(†4)。

  トリスタン・ツァラの詩にLe grande Complainte de mon Obscurité Troisというのがある(Vingt-cinq poemes所収)。岩波文庫『フランス名詩選』ではこれが「わが難解三号の大いなる嘆き唄」(入沢康夫訳)と訳されている。この詩は他に1番、2番があることから、「わが闇の大いなる嘆き歌3」とか「わが暗闇の大いなる哀歌Ⅲ」(†5)という方が一般的な訳なのかもしれないが、個人的に「難解三号」というロボットの名前のような訳が好きだった。

  私の内面にあるObscuritéについて語るとき、このカテゴリを用いる。

†1 De fin. ii. 5. 15.(「善と悪の究極について」、岩波書店キケロー選集10』p.72)。なお、別の個所ではoccultusという語も使われている。「ヘーラクレイトスのように、わざと曖昧に述べているわけでもなく…」(Nat. deor. i. 74.「神々の本性について」、『キケロー選集11』p.53、原文nec consulto dicis occulte tamquam Heraclitus…)

†2 Div. ii. 133.(原文valde Heraclitus obscurus.)

†3 Lucr. i. 639.

†4  Montarese, Francesco. Lucretius and his sources : a study of Lucretius, "De rerum natura" I 635-920. De Gruyter, 2012. p.184, 註521.

†5 それぞれ大平具彦、塚原史訳『トリスタン・ツァラの仕事2 詩篇』(思潮社 1988)、小海永二, 鈴村和成訳『七つのダダ宣言とその周辺』(土曜美術社 1988)所収。