読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TRANSPARENT APARTMENT

自己の文章を展開し、索引するための場所です。これらの particle あるいは parcel の堆積は、一種の成長する稿本のようなもので、完成の概念はありません。ノンブルは参照の便宜のためで、前後の繋がりを意味しません。

かそけき肉体 - 002

必要もないのに、海辺を独り歩くときがある。靴を脱いで、打ち寄せる波に足を浸し、その柔かな襞を感じようとする。それは次第に薄く透きとおりながら、剥きだしの脛に沿ってすべり、微細に揺らぐその表面に反射した日射しを、束の間だけ足元に煌かせる。陸…

断章I - 004

野辺を歩き廻る者よ、諷詠してくれ、 季節のなかで己の生について歌え、 それが私達の慰めとなるとも知らずに。

断章I - 003

銘文「賽を振る者が、それを楽しんでいるとは限らない。」

断章I - 002

闇に対する燈火という観念 (燈火の翳りとしての闇)

断章I - 001

孤独な言語(海が島々を繋ぎ交易をもたらすとしても)

Obscuritéについて

原義は「覆ハレタ」。 ①闇。暗黒。c.f. camera obscura ②難解さ、晦渋さ。曖昧さ、不明瞭さ。謎。 ③世に知られぬこと。無名。 ソクラテス以前の哲学者ヘラクレイトスは「暗い人」(ὁ σκοτεινός)と呼ばれたが、キケロはラテン語でそのことを表現する際にobsc…

エフェメラ序説

近頃、「エフェメラ」という言葉を身辺で見かけることが、以前よりも増えてきたように思う。とはいえ、この言葉の世間的な認知度は、まだそれほど高くはない。 「エフェメラ」とは、元々「一日しかとどまらないもの」という意味のギリシャ語で、そこから一般…

かそけき肉体 - 001

天使に身体があるとしたら、それはどんな肉か。